歯の保険に入ることで歯科医院での治療を負担なく行なう

賢い選び方

検査

歯の治療をした時に適用される医療福祉の保険について知っておくと良い情報があります。歯科の治療には、保険を利用して行うことのできる治療と、利用できない治療があります。虫歯や一部の損傷などといった治療に関しては、保険を適用することが出来ます。しかし、矯正歯科や歯を白くするホワイトニング、歯並びを綺麗に整えるインプラントなどの審美歯科にかんする治療に関しては適用されない場合が多くあります。虫歯の治療に関しても、前歯から4番目までの歯を治療した場合には、銀歯のかぶせ物を利用しなくてはなりませんでした。5番目を銀歯にしたら目立ちますが白い歯にするには適用外でした。しかし、近年では5番目の歯も白いかぶせ物が出来るようになりました。

歯の治療を行う際に、工夫をすることで得られるメリットがあります。例えば入れ歯についてのメリットで言えば、日本では入れ歯を作る時には保険を適用して作ることが出来ます。また、ドイツの場合には半額は自分で支払わなくてはなれません。他の国は自己負担で入れ歯を作らなくてはなりません。そういった面では日本では保険を適用できるのであまりお金をかけなくても入れ歯を作ることができるメリットがあります。しかし、入れ歯にも種類があります。保険を使って作ることのできる入れ歯もありますし、より高度な入れ歯になると、適用されません。そのため、入れ歯を作る時には歯科医院の人とよく相談をして、自分に合った入れ歯を作る必要があります。